スイカズラ

九州大学名誉教授 正山征洋先生所蔵のボタニカルアートを追加致しました。

スイカズラ

スイカズラ(スイカズラ科)ですが、日本に自生している種とは異なります。
初夏に開花する花の蜜を吸ったことを記憶しています。
花は咲き始め白ですが、時間が経つに従い黄色に変わります。
花は金銀花と呼び各種の痛み止めとします。
喉が痛いときうがいをして、そのまま飲み込みます。
葉、つるは忍冬と呼び鎮痛目的で風呂に入れられます。
作者年代共不詳です。

前の記事

講演要旨まとめ