ボタニカルアート12

九州大学名誉教授 正山征洋先生所蔵のボタニカルアートを追加致しました。

レンギョウ

モクセイ科に属する雌雄異株の落葉性低木です。

春一番に葉に先立って黄色い花を開きますので、とても目立つ花木です。

日本で栽培される株は雄株と言われ、果実は付けませんが、中国や韓国では果実を見ることができます。

果実は連翹と呼び、消炎、利尿、解毒等の効果が有り、防風通聖散等の漢方薬に配合されます。

1790年代サワビーにより手彩色で描かれた作品です。

ボタニカルアートのページはこちら